冷え性

陽性の食べ物は冷え性に効果的

実は、冷え症と食べ物には密接な関係があります。
食べ物には、体を温める陽性のものと、冷やしてしまう陰性のものがあるようです。
言うまでもありませんが、冷え性の人が率先して摂るべきは、陽性の食べ物です。なんですが、最近の日本人の食生活では、どちらかと言えば陰性の食べ物が増えているため、
意識しないと、陽性の食べ物を増やしていくことが難しい状況です。
この選別をするに当たっては、陽性、陰性、中世の食べ物は痛いどんなものなのか、知っておく必要がありますよね。
妖精の食べ物は、以外な事に寒い地方で採れる食材が多いようです。
ショウガやネギ、ニンニク、こんにゃく、ごぼうなどがこれらの食べ物にあたるようです。
また、血液をサラサラにするものと、ドロドロにしてしまうものがあるようです。
とにかく冷え性を予防・改善するためには、血行を悪くするような食べ物を摂取しないように心掛ける事です。
妖精の食べも物を研究し、すすんで摂取するようにしましょう。

陰性の食べ物は冷え性に良くない?

冷え性の観点から見ると、食べ物は陽性の物と陰性の物があります。
陰性の食べ物は、冷え性にとって、お世辞にも良いとは言えない対象となってしまいます。
陰性の食べ物は体を冷やすため、冷え性が更に進行してしまいます。
そのうえ、この陰性の食べ物の中には、血中脂質までも高め、体を冷やした上に血液までドロドロにして、更に血行を悪くするよう作用します。
陰性の食べ物の共通の特徴は、温暖地域で採れるものや、夏に採れる野菜などです。
それから、生野菜は体を冷やしてしまいます。冷え性の時に野菜を摂る際には、何かしら火を通してから食べるのが良いでしょう。
他にも、大豆、豆乳、コーヒー、合成甘味料、砂糖、スナック菓子、チョコレートなどは、やはり血液をドロドロにしてしまう作用があります。
砂糖なども要注意です。
更に、玄米や麦など、中性の食べ物もあります。中世の食べ物は、特に体を温めたり冷やしたりという作用はありません。
冷え性の人は、こうした中性の食べ物を主食とすると食事療法が楽でしょう。
もしも冷え症になったら、白米から玄米や麦に変えましょう。

冷え性の症状及び対策について

冷え性は、手足だけでなく、体全体が冷え、他にも発生する症状に対し、ひとつひとつ適切に対処していかなければなりません。
例えば、頭痛や肩凝りが目立つ場合、これも血行が悪く、血液不足のために起こるものです。
血液循環が悪い為に肩凝りになり、肩凝りから頭痛が発生するという悪循環になります。
肩凝りは、根本的に血行不良を改善しなければ、マッサージなどでは思った効果は発生しにくいでしょう。
他にも、腹痛や下痢が発生する人もいるようです。これは単純に体が冷える為です。
また、血行がわるいということは、新陳代謝が基本的に悪くなるため、肌が荒れたり、吹き出物が出来たりしてしまいます。
胃腸の虚弱なども発生するようですね。血行はとにかく大事なんです。
消化器官をはじめ、あらゆる体の機能を劣化させます。精神的な作用として、やる気をなくすなどの症状も発生するようです。
女性の場合には、こうした症状から、整理不順まで引き起こされることがあるようです。
また、血行不良は血が少ない訳ですから、血管もそれに合わせて収縮してしまいます。これにより、貧血にも成ります。
冷えによって、睡眠障害になる方もいるようです。

原因となる運動不足やエアコン

現代人の多くが冷え症に悩んでいます。冷え性は決して病気ではありませんが、完治と言うか、症状の緩和を目指して、みなさん病院に行くのです。
まぁ実際には冷え性は血行不良の問題なので、そこを何とかする手段を用いれば、必然的に冷え性は改善される事になります。
冷え性の原因は様々で、主に血行不良の原因は、食生活と服装でしょう。
他には、エアコンなどの冷房機器によって、体が冷え過ぎる事も原因となるでしょう。人間の身体はそもそも、季節や気温の変化に合わせて、体温調節をし、
血行を正常に保つ機能を兼ね備えています。冷房機器を浴び過ぎることによって、この体温調節がうまく出来ず、血行不良が起き、結果的に冷え性となるのです。
また、このような症状になってしまうと、神経機能が衰え、皮膚の機能劣化により、脳に冷たいなどの情報が正確に伝達できなくなります。
ということは、体を温めるための血液を送り込むことを出来なくなり、体が冷えて冷え性を発症するのです。
他にも、運動不足や筋力の低下があると、冷え性が起こることがあります。結局は、すべて血行が悪くなるためなのです。
冷え性を改善したいとき、血行を良くすることを考えた対策を施すと改善されるでしょう。

冷えを改善するために衣服を変えてみましょう

冷え性の観点から見て、衣服はとても重要です。冷え性に対し、とても有効な衣服もあります。
特に、寒い冬に薄着で過ごすと健康的だ、というような話を聞く事がありますが、それは冷え性でないことが前提の話だと思います。
冷え性の人が、わざわざ薄着をする事は、ナンセンスになってしまいますよね。
冬の薄着は、くれぐれも、冷え性に響かない範囲で行いましょう。
ここでは、冷え性の人が衣服で症状を改善出来る着用のポイントを紹介します。
まずは、首を必ず温めること。首は頭に血液を送っている、非常に重要な部位ですね。首は、頭を支えている訳ですから、筋肉が凝りやすく、
血行も滞りやすい部位と言えます。つまり冷えやすいという事です。
冷え性に悩む方ならば、マフラーなどをして、なるべく首を温めるようにしましょう。
また、基本的ですが、重ね着・厚着によって体を温めるのも効果的ですよね。重ね着することによって、保温効果は劇的に高まります。
その際には、1番下の服は、汗などを吸収しやすいTシャツか、それに代わる肌着を着ましょう。
その上から、長袖の服や、シャツを着るようにし、衣服1枚きりで風邪が体に当たることが無いようにした方が、冷えを予防出来るでしょう。
更に、靴下やタイツを必ず着用し、足元からの冷えを防止しましょう。
靴も、女性が履くブーツはお勧めです。
この際、ふくらはぎや、足を締め付けて圧迫してしまうようなことが無いか、しっかりと確認して着用しましょう。
せっかく温めても、血行を悪くしては意味がありません。
時々、足湯に当たるのも効果的な冷え性対策と言えますね。